セカンドパートナーはもう古い?

最近は不倫相手のことをセカンドパートナーなんて呼んだりするらしいですね。 友達以上恋人未満なんて説明するらしいですけど、私からするとそれはきっと嘘でしょう。 まず間違いなく浮気してます。 でも私がここで言いたいのは、セカンドなんて決めてしまう事になんの利益があるのかという事です。 特定の人と深いつながりになる事は、ましてやそれが浮気や不倫であるのなら、私は危険だと思っています。 お互いに割り切った関係だからこそ、本当に守りたいものを守りながら、不貞行為を楽しめるのではないでしょうか? 私は夫以外の男性と関係を持つとき、基本的には一度限りのお付き合いに徹しています。 体の相性が本当に良い人だとしても、多くても1~2ヶ月に一度しか会いませんし、自分の本名も伝えてはいません。 私にとってセカンドパートナーとは、夫の次に深い関係になってしまう方だと思っています。 もしもそのセカンドパートナーが自分の望まない行動を急に取ってきたらと思うとゾッとしませんか? あくまで夫以外の男性に体を預ける行為は、社会的にも悪い行為なのです。 私たち夫婦の場合でも、お互いにお互いの事を干渉せず、またあくまで互いにバレない努力をしているからこそ成り立っていると考えています。 今の夫や恋人との関係が壊れても良いと思って浮気や不倫をしている方には何も言うつもりはありませんが、もしそうではないのなら、セカンドパートナーなどと特定の男性に拘らず、広く浅く他の男性たちとの関係を楽しんだ方が私は得策だと思っています。