コンドームはしてもらいます。

コンドームの着用はしっかりとしてもらうのが私の中でのルールです。 これは避妊対策ではなく、性病対策としての方が私は大きいです。 日本はいま梅毒患者が非常に多くなっているとのニュースはご覧になったことのある方もいらっしゃると思います。 私自身、これまで性病にかかった事はありませんが、学生時代に友人が性病になり、ひどく辛い思いをしていた記憶があるからです。 私にとっての性行為はあくまで人生を豊かにするものであり、決して病気で辛い思いをするための行為ではありません。 コンドームで全てを防ぐことは難しいかもしれませんが、最低限のルールとしてそれを守ってくれる方とだけ関係を持つ事にしています。 もちろんゴムなんて未着用の方が私は好きです。 未着用の方が私の中に男性が入ってくるのがダイレクトに伝わりますから、肉体的にも精神的にも満たされる感情が込み上げてくるのは事実です。 ですがそれによってその先の楽しみを暫くお預けされちゃう事は、大変悲しい事です。 一時の快楽を得るために、取り返しのつかない事になる事だけは避けたいと思っています。 決して世間的に許されない不倫や浮気を楽しむからこそ、細かいところへの配慮を欠かさないようにと私は考えるように心がけています。 それと、安価なコンドームはなるべく避けた方が無難です。 耐久性の心配ではなく、安価なものは材質のせいなのか女性器にあまり優しくないと私はこれまでの経験で感じいるからです。